上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はい、2日目です。寝返りもうてない狭いテントで寝てたから体が痛かった。
というか毎日そんな感じだったw

4時起床。朝食は前日のキムチ鍋の残り汁に米をぶち込むキムチ雑炊。
山の朝は早いのでさっさと腹に詰め、パッキング。
パッキングってのは荷物をザックに詰め込むこと。うまくバランスとらないと体壊してしまう。快適な縦走を行うための重要なファクター。

この日は東京最高峰の雲取山(2,017m)を取りに行く。
寒くて道には霜柱が散乱。途中みんなテンションあがって
「雲取、色とりどり、命取り、もうコリゴリ」とイカれたリリックを作る。
このリリックが後にフラグとなるとは…

1時間ほどで雲取山山頂に到着。GWということだけあってジジババどもが群がってる。
そいつらを押しのけ、というのは嘘で順番を待って記念撮影。
で、東京最高峰で至高の一服。2000メーターだぜ。スカイツリーの3倍だぜ。

いざ西へ。今日のテン場は将監(しょうぜん)小屋。
そして雲取山と隣の飛龍山(名前の割に山頂は荒れ果てた残念な山)の間で悲劇は起きた。
そこは崖が多く、木製の橋が多いところだった。
橋といってもただ、木の板を向こうに渡しただけで手すりも何もない。
何個目かの橋を渡ろうとしたとき、俺は足を滑らせ転倒した。
一瞬の出来事だったが、気が付いたらザックと上半身ちょっとを橋に残し、あとは空中に放り出されていた。
マジ死ぬかと思った。事実、他のメンバーも言葉が出ず、口をあんぐりしていた。
まさか本当に命取りだったとは…

そんなこんなでテン場到着。しかし到着予定の14時をオーバーする16時20分着。
おまけにここでもGWの影響でテン場は他の登山客でいっぱい。
仕方なく斜度のきつい斜面に幕営。しかし寝れたもんじゃない。
荷物も銀面(レジャーシートみたいなやつ。銀色だからこう呼ぶ)も滑り落ちる。
苦肉の策で斜面の低い所にザックを敷き詰め何とか高さを調整。体が地面から浮いてる状態。
軽くアトラクションチックですわ。

その日は豚汁定食(というか米と豚汁のみ)保存用に豚肉にすり込んでおいた塩がいい塩梅。あっという間に完食。
ここでもビールやらウィスキーやら焼酎やらを寝酒にあおって就寝。宙に浮いたテントで。
狭すぎて常に「だっちゅ~の」をしてる状態で寝る。疲れが取れるわけない。

次はいよいよ中日の3日目。この辺から足が壊れます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://amerist.blog47.fc2.com/tb.php/4-73dce73e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。